労働者の尊厳

非正規雇用の転職事情

非正規雇用からの正社員登用、
もしくは転職で正社員を目指したい、そういった方も多いと思いますが、
日本においてはなかなか思うような転職ができないケースも聞きます。

これは雇用(企業)側の問題ではなく、
非正規雇用されている側が正社員になることを踏みとどまっている場合です。

それは正社員になることで、給与が上がり、賞与もでる、
福利厚生をきちんとかけてもらえるなど待遇面が必ずしもよくなるわけではないからです。

正社員=安定した雇用という考え方ができなくなっている今、
非正規雇用からの正社員登用や転職で正社員になっても、
満足のいく雇用は保証されていない可能性があるためです。

例えば給与などの待遇面が下がるケース、
福利厚生をかけてもらえないなど、本来正社員としての待遇が受けられない、
正社員雇用をされる場合があるからです。

しかしこれは何も非正規雇用をされている人に限った話ではなく、
職に就こうとしている全ての人に該当することでもあります。

ですからもしご自身の望むような転職を考えているのであれば、
転職エージェントなどを利用した転職は視野にいれたほうが良いでしょう。

例えばこちらのサイト(http://転職エージェント.jp/)でも紹介されているような、
転職エージェントを利用しての転職です。

転職エージェントは無料で利用可能、
専属の担当者が色々とアドバイスをしてくれるだけでなく、
転職希望先の待遇なども教えてくれる等、本来就職してみなければ
わからない情報も提供してくれます。

失敗のない転職をする上では必須利用のサービスといえるでしょう。


マイナビエージェント
↑転職エージェントとして評価の高い「マイナビエージェント」



  目次


Copyright (C) 2012 労働者の尊厳 All Rights Reserved.